ここみちノート

散歩中、お風呂の中、夜眠る前、心の向くまま・導かれるまま、ふと思いついたことの雑記帳

人生は、不要不急のことばかり

「不要不急の外出は自粛」

緊急事態宣言は昨日でしたけれども、個人的には、外出しなくなって、かなり久しいです。外食やカフェの利用も控え、3月頭からは、会わなくてはできないとても大事な仕事を除いては、ほとんど人に会っていないです。

 

そうなってみると、一体、今までの私の日々は何だったのだろう、と思います。

 

f:id:trottolina:20200408215524j:plain
 

ワークショップをする。

新しい人と出会って、仕事を創る。

一緒に仕事したい人と、顔を突き合わせて、企画を考える。

会いたい人たちと食事に出かける。

友人のイベント、ライブを訪ねていく。

映画に行く。美術展を覗く。演劇を見る。

友人宅やオフィスを訪ねる。

コーワーキングスペースで仕事をする。

カフェをハシゴしてブログを書く。

服を買いに行く。

 

どれも、好きなこと。

どれも、今、できない。

あるいは、控えたい。

 

最低限の生活

独立・開業1年目にして、世の中がこのような状況になっていることについて、心配してくださる方も沢山いて、とてもありがたいです。

実際、仕事は減っているし、仕事の種まきをする場所も失っているし、「先の見通しは?」と聞かれても、私も知らない。

 

けれども、心は、不思議と穏やかです。

 

むしろ、この時期にこの経験をしていることは、後々の私の強さ(しぶとさ?)になるのではないか、などと思ったりしています。

 

ある意味、今、本当に最低限の生活。

コーチングセッション、仲間との打ち合わせ、ブログ執筆の時間を除けば、

朝起きて、自炊して、散歩して、お風呂に入って、眠る。

それだけ。

 

出費は、基本、家賃、水道光熱費、通信費、食材費だけ。

今の贅沢は、Amazon PrimeとSpotify、時々テイクアウトくらいでしょうか。

(ちなみに、先日話したヨーロッパの友人は、遊びに行けないので、この間、お金が貯まっていくと言っていました。日本でも、そういう方々はけっこういらっしゃるだろうと思います。私も会社員のままであればそうだっただろうなと思います。)

 

こうしてみると、 究極、

人間の「要」と「急」は、「食べる」と「眠る」だけなんじゃないか、

などと思ったりします。

勉強も、確かに大事ではあるけど、別にしないと死んでしまうわけじゃない。

 

それはつまり、要は、眠るところ・インフラ(ライフライン)・食べるもの・最低限の着るものがあれば生きていけるんだ、と。

その分だけ収入があれば、生きていけるんだ、

万一それが叶わず本当に困窮したとしても、今の日本だったら、これだけなら、公的なサービスか心温かい人たちの支援でなんとかなるんじゃないか、と。

 

一度上げた生活レベルは下げることはできない、と人は言うけれど。

自分でもそう思っていたけれど。

 

やむにやまれぬ状況になれば、そこに適合して、

けっこう平気で生きている自分がいる。

 

もちろん、今も十分恵まれた環境にいるだろう、私は本当に苦しい状況をまだ知らない、考えが甘い、ということは十分に承知の上で。

 

でも、

桜の花をついばむスズメを、満たされた気持ちでいつまでも見ていられる自分がいる。

気持ち良く晴れた空を見て、今日はいい日だ、と思える自分がいる。

自然を見ているだけで、何かに気づき、学んでいる自分がいる。

ブログのアイディアを思いついて、「!」と脳の中で信号が走りまくる自分がいる。

文章を推敲しているだけで時間を忘れる自分がいる。

素朴な食事で満足できる自分がいる。

そんな素朴な生活でも、クライアントのことを思ったり、毎度のセッションに全力を投じることができる自分もいる。

 

それ以上に、どうしても必要なことって、あるだろうか。

 

ライフライン以上に必要なもの

あるかもしれない。

それは「つながり」。

 

正直、私は、もともとは、正面切って「絆」とか「つながってるね」とか言われると、どちらかというと引いてしまうタイプ。

「つながり」という言葉も、以前は、あまり自分で積極的に使う方ではなかったです。

 

ただ、感覚としては、わかる。

自分の心が開かれている感じ。

その、とても、Vulnerableな感じ。

暖かい感じ。

相手の心と接している感じ。

互いの間にある境界が消えていく感じ。

 

今、この状況で、ひとりで鬱々とした気分になったりしないでいられるのは、

これまで以上に、人とのつながりを感じることができているからだろうと思います。

 

こんなに沢山の素敵な人たちと出会い、今もつながっていられることを本当に幸運に思っています。

 

そして、Facebookやzoom、それを可能にする通信技術にも、本当に感謝です。

 

一方で、それらの技術がないと絶対につながりを感じられないのか、というと、そういうことでもない、とも気づいたりしています。

 

先述のスズメともつながりを感じるし(近寄りすぎて逃げられるけど。笑)、

今、私の心の中には、他界した祖父や友人もいて、彼らともつながっています。

 

もちろん、できることなら、Face-to-Faceで会いたい。

ハグしたい。

一緒に大笑いしたい。

 

けれど、物理的に、人と会えなくても、私たちはつながっている。

この自然ともつながっている。

ただ意識をそこに向けさえすれば。

 

「つながり」はCo-ActiveコーチングCo-Active リーダーシップでいうところの「Co」。

「Co」の大切さ、暖かさ、エネルギーの源となる感じを、こんなにまではっきりと感じることができるというのは、

この世界レベルの難局が、私に、社会に、もたらした大きなものの一つだと思います。

 

関係ないけど、

今日は、花まつり(お釈迦様が生まれた日)。

更には、満月。静かなスーパームーン。

 

いつか万が一、私が本当に苦しくなっている時があったら、この記事を思い出そう。(そんな日は、できれば来てほしくないけれど。)

 

思い出す本:

www.cocomichi.club

この本→映画、といえば、樹木希林さん:

一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)

一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)

 

この本も積ん読になっている:

森のように生きる ― 森に身をゆだね、感じる力を取り戻す

森のように生きる ― 森に身をゆだね、感じる力を取り戻す

  • 作者:山田 博
  • 発売日: 2018/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 この有名な本は、実はまだ読んだことがない:

森の生活 上: ウォールデン (岩波文庫)

森の生活 上: ウォールデン (岩波文庫)

 

 この記事がお好きな方は、この本もお好きかも:

www.cocomichi.club

 

 

(もし響く記事がありましたら、シェア頂けたら嬉しいです。)