ここみちノート

散歩中、お風呂の中、夜眠る前、心の向くまま・導かれるまま、ふと思いついたことの雑記帳

ちょっとだけ、マスクを外してみる

今日はとても気持ちのよい日でした。

温度は高いけど、まだ夏ほどムシムシしない。

 

今日も歩く、いつもの散歩道。

 

前後左右、誰もいない。

 

ちょっとだけ、マスクを外してみる。

 

束の間の、開放感・解放感。

 

緑の匂いがする。

 

大好きな5月の匂いがする。

 

これを、ありがたい、当たり前でない、ほんとに「有難い」ことだなどと思える境地に至るのは、コロナのおかげといえばおかげ。

 

普段であれば、大きな病気をしたりして気づくようなことことかもしれない。

 

f:id:trottolina:20200511225408j:plain

 

この2ヶ月くらい、同じ道をよく散歩しています。

 

歩くたびに、数日前と景色が違う。数ヶ月前とはもずいぶん違う。

 

草はいつの間にか肩くらいの高さになってる。

美しく咲き、散っていた桜の木の下では、鳥がサンクランボをつついてる。

樹々の色が変わってる。

思わぬところが、花畑のようになっている。

これからが季節の花の蕾が膨らんでいる。

 

こんな景色、みたことなかったなぁ。

こんな変化、気づかなかったなぁ。

 

こんなことに気づけるのも、繰り返し同じ道を歩いているからこそ。

 

これはコロナだけじゃなくて、会社員を辞めたからできていることなのかもしれないけど。

 

仕事以外の時間をどう過ごすも自分の自由。

どこで構想を練るも自由。

どこで振り返るのも自由。

 

失うものもあるけど、得るものもある。

 

こんな気持ちの良い時間を、土日祝だけに限るだなんて、

定年まで待つなんて、

ちょっと、だいぶ、もったいない。

 

こういうゴキゲンな時間は、クリエイティビティと生産性にきっと大切。

 

コロナ後、会社勤めであっても、働き方は変わるといいですね。

 

自分が最高のパフォーマンスを出せる場所にいることが当然だ、となるように。

 

お題「#おうち時間」 

 

関連記事:

note.cocomichi.club

note.cocomichi.club